コーヒーマシン

ドルチェグストのヘビーユーザーがネスプレッソを飲んでみた感想とは!?

更新日:

マスターM
先日、神戸のシティホテルに泊まった時、部屋にあのネスプレッソがあったのでさっそく飲んでみました!
この記事では、ドルチェグストユーザーから見た、ネスプレッソの感想や両者の比較をお届けします。

 

あこがれのコーヒーマシン「ネスプレッソ」

あこがれのネスプレッソ。マシンもかっこいい!

 

ネスプレッソといえば、エスプエッソをつくるカプセル式のコーヒーマシンです。日本では、ネスレグループのひとつ「株式会社ネスレネスプレッソ」が輸入・販売をしています。 ジョージ・クルーニーや玉木宏を使ったCM を見たことのある人も多いのではないでしょうか。

管理人も購入を検討したことがありましたが、カプセルが1個約75円とちょっとお高いようなのであきらめた経緯があります。

ただ、味は美味しいと聞いていたので、いつか飲んでみたいと思っていたのですが、百貨店などに入っている直営店で試飲するしかないようで、二の足を踏んでいました。

ところが先日、神戸ベイシェラトンホテルにカミさんと奮発して泊まったところ、なんと、ネスプレッソが部屋に置いてあったのです。 ラッキーと思った私は、さっそく飲んでみることにしました。

 

あれ?ネスプレッソマシンの使い方がよくわからない!

ネスプレッソのコーヒーマシンにはいろんな機種がありますが、ホテルに置いてあったのは、ピクシーという機種のようです。

普段ドルチェグストを使ってる私ですから、操作もカンタンだろうと思い、タンクに水を入れ、フツーに電源ON。 ここまではよかったのですが、カプセルの入れ方がわかりません。

というのも、銀色の大きなレバーを上げると、カプセル投入口のようなものが開くのですが、カプセルがどちら向きにも入るんです。だから正解がわからない。

ドルチェグストだと、ホルダーの形状がカプセルと同じなので間違えようがないのですが、ネスプレッソは違うんですね。投入口が大きくてカプセルがピタッと収まらず、どの方向を向けても入ってしまうんです。

結局、ホームページを見てもよくわからなかったのですが、ホテルにあった手順書の小さな写真をよーく見ると、下記の方向が正しいと判明しました。

それで、レバーを下ろして、ボタンをプッシュ。 バイーンと抽出音が鳴ってチョロチョロとカップに出てきましたが、なんとカップの中はお湯だけ。

抽出が終わってレバーを上げると、自動的にカプセルは排出され、ポトッとマシンのお腹の所に捨てられました。

あれ?やっぱり方向が違ってたのかなと思いましたが、よくよく調べてみると、なんと、レバーの押し下げ方が足りなかったのでした。

レバーは、最初にあった水平のレベルまでしっかりと押し下げてください(機種によって違うかもしれませんが)なんとなく、手応えがあったからといって、途中でやめるとお湯しか出ません!

なにはともあれ、無事抽出に成功しました。

やっと抽出に成功!

 

エスプレッソとコーヒー、両方とも「うん、うまい!!」

写真のようにネスプレッソのピクシーには、2種類のボタンがあります。見ればわかるように、ひとつはエスプレッソ、もうひとつはコーヒー(ロングカップ)のようです。 そこで、両方つくって飲み比べてみました。

いやー、なかなかのものです。 エスプレッソは、濃厚でイタリアで飲んだものを思い出しました。ドルチェグストの「エスプレッソ インテンソ」も美味しいですが、苦味・香り・パンチといった、味わいがより本格的な感じがします。

また、ロングカップのコーヒーのほうもしっかりとコーヒーとして美味しく、同じカプセルでうまく作り分けができるものだと感心しました。

私は、エスプレッソよりコーヒーを飲むことのほうが多いですが、ネスプレッソはコーヒーとしても十分満足できる味でした。 ネスプレッソはエスプレッソマシンだとばかり思っていましたが、ちょっとびっくりしました。

 

ネスプレッソとドルチェグストを徹底比較

さて、ここでネスプレッソとドルチェグストについて、比較してみましょう。

ネスプレッソ ドルチェグスト
  輸入販売会社 ネスレネスプレッソ ネスレ日本
マシン価格  約8,000円〜 約4,000円〜
ポンプ圧力 19気圧 15気圧
カプセル価格  約75円〜  約55円〜
カプセルの種類 24種類 17種類
ミルクカプセル なし あり
本体無料プログラム あり  あり

コーヒーマシンは、ネスプレッソの方が高く、5万円近くする業務用もあります。

 

ネスプレッソがおすすめな人とは!

たしかに美味しいネスプレッソですが、カプセルが1個75円なんですね。これを高いとするか、美味しければよしとするかがポイントです。

また、カフェラテなどのミルクメニューについても、ドルチェグストはミルクカプセルがあり、マシンで手軽につくれます。

しかし、ネスプレッソにはミルクカプセルがなく、ミルク泡立て器などで牛乳を泡立てて、フォームドミルクを別途つくる必要があります。その手間をどう捉えるか。

<ネスプレッソはこんな人におすすめ>

□ 値段よりも味にこだわる人
□ ブラックで飲むことが多い人
□ コーヒーマシンのデザインにもこだわる人

<ドルチェグストはこんな人におすすめ>

□ とにかく手軽に本格的なコーヒーが飲みたい人
□値段とおいしさのバランスをもとめる人
□ ラテ系などバラエティに富んだメニューに魅力を感じる人
□ 抹茶も楽しみたい人

どちらの機種も無料でマシンを使えるキャンペーンを実施中です。一度公式サイトをのぞいてみてはいかがでしょう?

>>ネスプレッソのマシン無料キャンペーン

>>ドルチェグストのマシン無料キャンペーン

 

マスターM
いずれも、本体を無料でもらうには専用コーヒーカプセルの購入などが条件になりますが、割引価格になるなどのメリットがあるのは同じです。

あなたのコーヒーライフのお役に立てれば幸いです!

-コーヒーマシン

Copyright© コーヒーラブ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.