コーヒーラブ

飲むだけで痩せる!?コーヒーダイエットの正しい方法とは

投稿日:

コーヒーがカラダにいいという研究は、世界中で発表されています。

この記事でご紹介するのは、ダイエット効果。

「コーヒーダイエット」とはよく耳にするコトバですが、いったいどんなコーヒーを、どのように飲めば効果的なのでしょうか?

本記事では、コーヒーがダイエットにつながる理由と、効果的な飲み方など、コーヒーダイエット全般についてわかりやすく解説しますね。

コーヒーのカフェインが脂肪燃焼を促進

コーヒーには1000種類を超える化合物が含まれています。

そのうち、ダイエットのカギとなるのが、カフェインです。

カフェインは、すい臓にある消化酵素のひとつで、脂肪分解酵素とも呼ばれる「リパーゼ」の働きを活発にします。

これにより、脂肪の分解が促進され、燃焼しやすくなるのです。

さらに、コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という物質も含まれています。

このクロロゲン酸には、脂肪の吸収を防ぐうえ、カラダにたまった脂肪を燃焼させる効果があります。

しかも、クロロゲン酸は食後血糖値の上昇を抑える効果もあります。

カフェインは血行をよくし、代謝を高める

カフェインには、血行をよくする効果もあります。

血行がよくなることで体温が上がり、代謝も向上します。

そのためコーヒーを飲んだあとにウォーキングなどの有酸素運動をすると、さらに効果が高まります。

インスタントコーヒーでも効果は同じ?

コーヒーダイエットで大きな役割を果たす成分は、カフェインとクロロゲン酸です。

コーヒーには、コーヒーメーカー、ドリップ、サイフォンなどいろんな淹れ方がありますが、どの淹れ方でもカフェインとクロロゲン酸は摂取できます。

もちろんインスタントコーヒーにもカフェインとクロロゲン酸は含まれています。

ただし、クロロゲン酸は熱に弱いので、コーヒー豆を選ぶ際は深煎りではなく浅煎りを選ぶとさらに効果的です。

ただし、ダイエットは長続きしてこそ意味があります。

深煎りのコクや香りが好きな人は、深煎りでもかまいません。

アイスコーヒーでも効果はあるの?

ダイエット効果は、アイスコーヒーよりホットコーヒーの方が高いです。

ホットのほうが体温を上げますし、カフェインとクロロゲン酸の吸収率も上がります。

暑い日はアイスコーヒーがおいしいですが、ダイエットのためにはホットのほうが有効です。

砂糖やミルクを入れてもいい?

もちろん、砂糖とミルクにはある程度のカロリーがあります。

また砂糖を入れることで、カフェインが減少します。

そのため、コーヒーダイエットの基本はブラックコーヒーとなります。

ブラックが苦手な方は、低カロリーの甘味料を少し入れるか、ミルクは少量にしましょう。

コーヒーは何杯飲むのが効果的?

コーヒーを飲みすぎると、カフェインの影響で不眠などの症状が出ることがあります。

1日3~4杯までを目安にしましょう。

では、最後にコーヒーダイエットの方法についてまとめておきます。

<まとめ>

◼︎コーヒーダイエットの基本は「ブラック」

◼︎飲むタイミングは「食後」と「運動前」

◼︎コーヒーは「1日3~4杯」まで

◼︎コーヒー豆を選ぶ時は「浅煎り」を

 

あの深い香りや味わいの中には、さまざまな物質が多様な役割を果たしているのですね。

好きで飲んでいるコーヒーが、ダイエットにつながるというお話でした。

 

-コーヒーラブ

Copyright© コーヒーラブ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.