ネスカフェ ドルチェグスト

ネスカフェ ドルチェグストのお手入れ・メンテナンス方法は超かんたん

更新日:

マスターM
ドルチェグストにかぎらず、コーヒーマシンを使うメリットって、「手軽にクオリティの高いコーヒーがつくれる」ということですよね。では、実際のところドルチェグストの日頃のお手入れはどうなんでしょうか?使い始めて4ヵ月目の管理人がご紹介しましょう。

ドルチェグストのお手入れは笑っちゃうほどカンタン

管理人は以前、自宅でデロンギのエスプレッソマシンを使用していましたが、すっかり使わなくなりました。いや、おいしく作れたんですよ。マシンとしては優れていました。

ただ、メンテがちょっと面倒でした。使い終わったらすぐに粉を捨てて、パーツを洗わなくてはいけません。抽出し終わった粉を捨てることを忘れて、乾燥した粉がパーツや本体にこびりついたり、カビが生えたりしたことで、すっかり使うのが面倒になったのです。

DeLonghi カフェ・トレビソ エスプレッソ・カプチーノメーカー BAR14

今回ドルチェグストを導入するにあたっても、「また使わなくなったらどうしよう」と思っていたのですが、手入れが笑うほどかんたんで、毎日快適にコーヒーライフを送っていますよ。

基本はパーツの水洗いのみ

ドルチェグストのマシンの構成はとてもシンプルにできていて、毎日行っているのは、カプセルホルダーの水洗い程度です。給水タンクも水をいれる時に、たまにジャーっと全体を水洗いするぐらい。

そして、週に1回程度、「抽出トレイ」や「使用済みカプセルホルダー」を洗います。ここは、ポタポタ落ちたコーヒーが固まっていますから、洗剤でちゃんと洗います。

どうです。カンタンでしょう?

やはり、コーヒー粉がカプセルに封入されてるって、味がいいだけでなくメンテの面でも大いに貢献してるんですね。

これなら、面倒くさがりのあなたでも使い続けられるのではないでしょうか?

もちろん、コーヒーの作り方も超カンタン

管理人がカプセル式のコーヒーマシンを使うのはドルチェグストが初めてでしたが、いやあ、こんなにカンタンなんですね。

  1. 水を給水タンクにいれる
  2. カプセルをセットする
  3. 目盛りをあわせてスイッチオン

これだけで、コンビニコーヒーレベルの美味しいコーヒーができるのですから。しかも最新機種の「ジェニオ2」は、オートストップ機能が付いていますから、スイッチを入れたあとは放ったらかし。トーストを焼いたり、ミルクの用意をしたりと他の段取りを進めておけます。

ドルチェグストを使うには、マシン無料の「カプセル定期便」がお得です。

面倒くさがりの管理人でも、楽勝で使いこなせるネスカフェドルチェグスト。コーヒーマシンは量販店でも買えますが、無料でもらえる方法もあります。っていうか、すごいおトクです。

私自身も、この方法でマシンをもらったのですが、条件は1つ。“「カプセル定期便」で2か月に1回4箱以上のコーヒーを購入すること”のみ。

この専用カプセルを累計60箱継続して購入すれば、定期便のシバリは終了します。60箱以前に定期便を解約する場合は、マシン代金7,800円を支払う必要があります。

しかも、カプセルは送料無料で送られてくるうえ、スーパーで買うよりおトクな割引価格なので、コーヒー好きな方なら決して悪い条件ではありません。

カプセルは16個入りか8個入り。価格は1箱831円~882円です。1日に1杯以上コーヒーを飲む方なら、2ヵ月4箱で十分飲み切れる数量です。

故障発生時の保障も、定期便なら5年と超ロングです。

しかも今なら、新しいフレーバーの「濃い抹茶」1箱と、いろんな味が楽しめる「バラエティカプセル」1箱が付いてくるキャンペーン中。ぜひ公式サイトをのぞいてみてください!!

>>ドルチェグストの最新コーヒーマシンが無料でもらえる!【ネスレ日本公式サイト】

-ネスカフェ ドルチェグスト
-,

Copyright© コーヒーラブ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.