ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストの「レギュラーブレンド」「オリジナルブレンド」などの味の違いについて解説

更新日:

マスターM
ドルチェグストには、17種類以上のフレーバーのカプセルがあるのですが、その中でもコーヒー系のメニューに味の差がわかりにくいものがあります。この記事では、それぞれの差についてわかりやすくご紹介しましょう。

 

わかりにくい!ドルチェグストのコーヒー系メニューの違い

以下が、現在販売されているドルチェグストのコーヒーのメニューです。

・オリジナルブレンド

・リッチブレンド

・レギュラーブレンド(ルンゴ)

・ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)

・モカブレンド

ちょっと差がわかりにくいので、管理人の独断で分類しますね。

ドルチェグストコーヒー系の味わいチャート

 

苦め、コクが強めのコーヒー

・ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)

・リッチブレンド

 

バランスのとれた味わいのコーヒー

・オリジナルブレンド

・レギュラーブレンド(ルンゴ)

 

軽め、フルーティーな味わいのコーヒー

・モカブレンド

こんな感じになります。「ルンゴ」は英語の「ロング」で、多めのお湯で抽出していることを意味します。また「インテンソ」は英語の「インテンシブ」とかと同じ意味で、「力強い」とかそういった意味です。

つまり、苦めのコーヒー感の強い味わいなら「インテンソ」と付いてるメニューを選べば間違いないです。ちなみにエスプレッソにも「エスプレッソ インテンソ」と「エスプレッソ」があり、前者のほうが苦味が強いです。

ただし、オリジナルブレンドやモカブレンドも、目盛り一つ分少な目に抽出することで、味わいの調節は可能です。

ドルチェグストのカプセルいろいろ

最初のオーダー時のおすすめ組み合わせはこれ

(深煎りコーヒー好きの方)

・ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)

・リッチブレンド

・エスプレッソインテンソ

プラス、お好みでカフェオレやカプチーノを組み合わせる

 

(浅煎り、軽めのコーヒーが好きな方)

・モカブレン

・オリジナルブレンド

・レギュラーブレンド(ルンゴ)

プラス、お好みでカフェオレやカプチーノを組み合わせる

いかがでしょうか。ほかにも、アイスコーヒーブレンドやラテ マキアート・ティーラテなどのラテ系メニューも豊富です。ぜひ、いろいろ試してみてください。

 

ドルチェグストを使うには、マシンレンタル無料の「カプセル定期便」がダンゼンお得です。

コーヒー好きの人から大人気のネスカフェドルチェグスト。コーヒーマシンは量販店でも買えますが、無料でもらえる方法もあります。っていうか、すごいおトクです。

私自身も、この方法でマシンをもらったのですが、条件は1つ。“「カプセル定期便」で2か月に1回4箱以上のコーヒーを3回以上継続して購入すること”のみ。

3回以上継続して購入すれば、定期便のシバリは終了します。解約したら、マシンを返却するだけでok。違約金などは一切ありません。

しかも、カプセルは送料無料で、スーパーで買うよりおトクな割引価格(5%オフまたは10%オフ)なので、コーヒー好きな方なら決して悪い条件ではありません。

カプセルは16杯分入りか8杯分入り(ラテ系メニューはミルクのカプセルが8個入っているので8杯分となります)。価格はほとんどのカプセルが1箱約882円(10%オフ時)。つまり、1杯あたり約55円です。

故障発生時の保障も、定期便なら5年と超ロングです。

しかも今なら、新しいフレーバーの「濃い抹茶」1箱と、いろんな味が楽しめる「バラエティカプセル」1箱が付いてくるキャンペーン中。ぜひ公式サイトをのぞいてみてください!!

>>ドルチェグストの最新コーヒーマシンが無料でもらえる!【ネスレ日本公式サイト】



-ネスカフェ ドルチェグスト
-

Copyright© コーヒーラブ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.