ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストの新カプセル「フラットホワイト」を飲んでみた!

更新日:

マスターM
2018年10月1日に発売になった「フラットホワイト」を早速飲んでみましたので、レビューします!
一言でいうと、「ミルクたっぷりのカフェオレ」です。

 

ご存知ですか?「フラットホワイト」というコーヒーメニュー

フラットホワイトと聞いて「あ、知ってる!」という方はかなりのカフェ通かもしれませんね。

はずかしながら、管理人は知りませんでした。

まずは、パッケージ横に書いてあった説明からご紹介します。

シドニーのカフェの定番で、
今や世界で愛されているラテ。

フラットホワイトは、
オーストラリアとニュージーランドの
スタイリッシュなコーヒーショップで誕生しました。
濃厚なエスプレッソに熟練バリスタがきめ細かく泡立てた
ミルクを丁寧に注ぐことで生み出される、
なめらかな泡とキャラメルを思わせる風味、
クリーミーな味わいが特長です。

シドニーのカフェの定番、今や世界中で愛されているラテ。
なめらかな泡とキャラメルを思わせる風味、クリーミーな味わいが特長です。

オーストラリアは、イギリスの植民地だった影響で紅茶を飲む習慣が根強い国でした。

そこへ、イタリア系移民が持ち込んだ影響でコーヒーを飲む習慣が浸透しはじめ、独自のカフェ文化を形づくっています。

そんな、オーストラリアで生まれたのが「フラットホワイト」というメニューで、いまや定番となり世界へ広がりつつあるのだそうです。

そのフラットホワイトを再現したのが、このカプセル。早速取り寄せて、つくってみました。

 

めっちゃやさしいミルクコーヒーの味わい

おすすめの分量は4メモリ

きめ細かく泡立つミルクはドルチェグストならでは

甘そうですが、そんなに甘くありません

 

飲んでみたところ、「やさしい〜」というのが率直な感想です。

そして以外にも甘くない。ミルクの自然な甘さだけです。

見た目が甘そうな気がしていたのですが、いい意味で裏切られました。

アワアワのミルクがやさしく、コーヒー感はほんの少しです。このあたりがカフェオレとの違いでしょうか。

泡立てたミルクにエスプレッソを注ぐという作り方なので、ミルクが主役のメニューかもしれませんね。

フラットホワイトに合うシチュエーションとしては、午後4時から5時、仕事をもうひとふんばりという時に、ビスケットなどと一緒に味わいたい感じかなー。

ミルクが多めなので、小腹が空いた時にもいいかもしれません。

そして、なんと、このフラットホワイト。ミルクのカプセルは使いません。ですので、1箱16杯分となります。

つまり、定価購入で1杯約61円(税込)。
定期便なら10%オフで約55円(税込)です。

おすすめとしては・・・
○ コーヒーの苦さが嫌な人
○ カフェオレよりもやさしい味わいを求める人
○ 小さなお子様

という感じでしょうかね。

名称 フラットホワイト
内容量 カプセル16個入り16杯分
メーカー希望小売価格 980円(税込)
1杯の価格  約61円
原材料名 乳等を主原料とする食品(生乳)、コーヒー、砂糖、pH調整剤、乳化剤(大豆由来)
原産国 イギリス

 

-ネスカフェ ドルチェグスト
-

Copyright© コーヒーラブ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.