コーヒーラブ

顧客満足度1位、カフェ・ベローチェの魅力について

投稿日:

先日、東京に1週間ほど滞在したのですが、いやー驚きました。

タバコの規制が厳しいこと。

千代田区のビジネスホテルに泊まりましたが、表通りはもちろん、横道に入っても「喫煙禁止」の表示だらけ。

中には「携帯灰皿を持っての喫煙も禁止」などと書かれている看板もありました。

タバコを売ってるコンビニ前にも灰皿なんて皆無です。

大阪はもっとゆるいですね。

タバコ屋さんの前には灰皿があったり、コンビニも全部ではないですが灰皿のある場所もあります。

泊まったホテルにも館内に灰皿は一切なく、喫煙可の部屋はあったのですが、1週間の長期では予約できませんでした。

そこで通うことになったのが近所の「カフェ・ベローチェ」です。

知らなかったのですが、実は、カフェ・ベローチェは、顧客満足度でスタバなどを抑えて1位なんですね。

ベローチェがスタバに圧倒的大差で顧客満足度1位になった「納得の理由」(外部リンク)

その理由を自分なりに分析してみたいと思います。

 

カフェ・ベローチェの魅力1:コーヒーが安くておいしい

 

ベローチェのコーヒーは、Mサイズが200円。Lサイズが240円です。

これはスタバやドトールなどのライバル店と比べてもずいぶん安いですね。

ちょっと立ち寄って、タバコを吸いながらスマホでニュースをチェックするといった用途でも気軽に使うことができます。

味も、コクがあっておいしかったです。

スタバみたいに甘い系のメニューがたくさんあるわけではないですが、私にとっては十分でした。

 

こだわりのコーヒー

ベローチェを代表するブレンドコーヒーはブラジル、コロンビア、グアテマラなどの豆をバランスよく配合した、コク・甘み・酸味のバランスのとれた上質なコーヒー。
最高の一杯を心をこめてお作りします。
また美味しいコーヒーを追求するためにカフェ・ベローチェを含むシャノアールグループにはブラジルサントス市の商工会議所認定のクラシフィカドール(珈琲鑑定士)が13名在籍(2018年現在)し、お客様に美味しいコーヒーが提供できるように日々努めています。

(カフェ・ベローチェホームページより)

 

カフェ・ベローチェの魅力2:喫煙席が多い

私が通った茅場町の新川店は、喫煙席と禁煙席の割合が、だいたい半々ぐらいだったように記憶しています。

こんなにタバコに厳しい街で、こんなにスペースをとってくれるのはありがたい限り。

毎回、喫煙席のほうがぎっしり混んでましたが・・・w。

 

カフェ・ベローチェの魅力3:適度にゆるい雰囲気がある

なんか、気取ってなくて、気軽に入れて、長居もできそうで、すっかりファンになってしまいそうです。

パソコンを持ち込んで仕事をしたり、朝食後に立ち寄って一服したり。

一人客が多いのも、気兼ねなく入れる理由のひとつかもしれませんね。

 

以上、喫煙者の管理人が気づいたカフェ・ベローチェの魅力でした。

みなさんも良きコーヒーライフを!

-コーヒーラブ
-

Copyright© コーヒーラブ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.