コーヒーラブ

ベトナム・カフェの定番メニュー、エッグコーヒーを飲んでみた!

投稿日:

ベトナムのダナン、ホイアン、ハノイ、サパと旅してきましたが、どこのカフェに入っても気になるのが「エッグコーヒー」というメニューです。

果たして、「玉子コーヒー」って何なのか?

ベトナムコーヒーの中に玉子を割り入れたものか?

コーヒーに、ゆで卵が入っているのか?

コーヒーの中に、玉子とじが入ってるイメージなのか?

いろんな疑問が浮かび上がってきますが、味の想像が全くつきません!

そして、ついに今回飲んでみましたので、詳細をレポートします。

カフェのメニューに必ずあるエッグコーヒー。(真ん中)

 

ベトナムのカフェでよく見かける「EGG COFFEE」とは!?

メニューに写真入りで紹介されていたエッグコーヒー

サパという町で入った小ぎれいなカフェ。ここにも、メニューにエッグコーヒーがありました。しかも写真入りで。

ということは、かなりエッグコーヒーに自信を持っているに違いありません。

価格は60,000ドン(約300円)とかなりお高め。

コンビニで350mlのハノイビールを6本買えるお値段です。

で、注文しましたが、けっこう作るのに時間がかかってる様子。

相方のベトナムコーヒーはわりとすぐ来たのに、エッグコーヒーはなかなか来ません。

待つこと、10分弱。ついに来ました!これがエッグコーヒーです!

ついにエッグコーヒーと対面!

大きめのカップに、こんもりと肌色の液体が盛られています。

一見、まるでプリンのようです。

そして飲んでみました・・・果たして、そのお味は!

 

ベトナムのエッグコーヒーは、カスタードコーヒーだった!

 

一口飲んで思いました、うんカスタードやん!それもコーヒー風味の。

コーヒーにカスタードが入ってるのではなく、カスタードにコーヒーをちょっと混ぜた感じです。

で、当然甘いです。そして、コーヒーなのに熱くありません。なんなら常温といってもいいくらい。

味は、美味しく無くはないです。カスタードですから。

でも、コーヒーのカテゴリーに入れるかな?という疑問は残ります。

そのまま冷蔵庫で冷やしたら、コーヒー風味のプリンになるんじゃないのというイメージ。

想像していた、コーヒーの玉子とじでは全然ありませんでしたが、甘い物好きなベトナムの皆さんには愛されてるメニューなのかもしれませんね。

あなたも、ベトナムを訪れたらぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

 

-コーヒーラブ
-

Copyright© コーヒーラブ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.