コーヒーラブ

ネスカフェ が運営する「睡眠カフェ」が大井町に3月6日常設オープン!

投稿日:

マスターM
ネスレがこれまで期間限定でオープンしてきた「ネスカフェ 睡眠カフェ」が、常設の施設としてオープンすることになりました!

これまでは、イベント的な感覚での営業でしたから、気軽に昼寝に使えるカフェのオープンは近隣のみなさんにとっては朗報ではないでしょうか。

ネスレ日本のプレスリリースから、最新情報をご紹介しましょう。

 

「睡眠カフェ」のイメージ。

 

「ネスカフェ 睡眠カフェ」は東京品川区の大井町に
2019年3月6日(水)オープン

睡眠カフェがオープンするのは東京品川エリアの大井町駅前。駅からも近いようです。

ちなみに大井町駅には、JR東日本の京浜東北線、東急の大井町線、東京臨海高速鉄道のりんかい線が乗り入れています。

(開店前なので地図上では予備校の名前が出ていますが、同じビルの5Fです)

施設は、ベッド6台、リクライニングチェア4台とそれほど大きくないですが、ネット予約ができるので安心です。

<「ネスカフェ 睡眠カフェ」の概要>

●住所: 東京都品川区大井 1-7-7 K-2 ビル 5 階
●営業時間: 9 時から 18 時 (最終受付 17 時 30 分)
※2019 年 3 月 6 日(水)のみ 14:30 からオープン。
●席数 :ベッド 6 台 + レザーリクライニングチェア 4 つ
●コースの内容:
(1)ナップコース 30 分の仮眠体験+コーヒー1 杯 利用料金 750 円(税抜)
(2)睡眠コース 60 分の睡眠体験+コーヒー2 杯 利用料金 1,500 円(税抜)
(3)睡眠コース 90 分の睡眠体験+コーヒー2 杯 利用料金 2,480 円(税抜)
(4)睡眠コース 120 分の睡眠体験+コーヒー2 杯 利用料金 3,300 円(税抜)
(5)睡眠コース 180 分の睡眠体験+コーヒー2 杯 利用料金 4,950 円(税抜)

<予約方法>

下記URLから予約
https://suimin-cafe.jp/
※3 月 1 日(金)10:00 より事前予約の受付を開始。

 

どうしてコーヒーのネスレ日本が睡眠カフェをやるの?

コーヒー会社であるネスレ日本が、どうして仮眠施設をつくるのかというと、コーヒーを飲んだあと昼寝をすると、寝覚めがスッキリするという「コーヒーナップ」を体験してもらうためなんです。

 

眠い時には、脳内にアデノシンという睡眠物質が増加しているんですね。

そこで、われわれは眠気を感じて居眠りをするのですが、その前にコーヒーをグイッと飲んでおくと、カフェインの効力で、アデノシンをより効果的に排除してくれるというわけです。

これが「コーヒーナップ」。ウソだと思われる方は一度試してみてください。本当にスッキリしますから。

<コーヒーナップのコツ>

●仮眠する直前に、コーヒーを1杯飲む。眠気を妨げないよう、ぬるめがおすすめ。
●仮眠は15~20分程度にする。
●熟睡できない「うたた寝」状態でも効果はある。

 

心地よい眠りのために、照明や音楽にも工夫

睡眠カフェには、安眠を誘ういろんな工夫が施されています。

リラックスできる照明

「ネスカフェ 睡眠カフェ」の照明には、シーンに応じてスマートフォンで色や明るさを自由にカスタマイズできる IoT 照明「フィリップス Hue(ヒュー)」を設置。シグニファイ(旧 フィリップス ライティング)が、人体に照明が与える生物学的影響を研究して開発した「ライトレシピ」から、暖色系モード「くつろぐ」を選択し、極上のリラックス空間を「ネスカフェ 睡眠カフェ」で演出します。

安眠ミュージック

ハイレゾ音源の、森や川の自然音で眠りを誘う安眠ミュージックを用意。ハイレゾ音源は従来の圧縮音源と比較して、脳に快感及び安心感を与え、不快感や不安感を減少させる、という研究結果があります。

睡眠計測アイマスク

仮眠や睡眠時の脳波をリアルタイムでモニタリングし、起床後に睡眠の質が計測できる睡眠計測アイマスクを用意します

 

昼寝でリフレッシュできる睡眠カフェ、ぜひ訪れてみてください

いかがでしたか?ついに常設オープンすることになった睡眠カフェ。

ネットカフェなどでは得られない心地よい仮眠タイムをぜひ味わってみてください。

 

 

 

-コーヒーラブ
-

Copyright© コーヒーラブ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.